独り言をぶちぶちと…。


by boozer_from_hell
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

團菊祭五月大歌舞伎

予告通り、團菊祭五月大歌舞伎の感想をば。
今回観に行ったのは、夜の部でした。

① 傾城反魂香 将監閑居の場
以前、このお芝居を見た時は、吉右衛門丈の又平、雀右衛門丈のおとくで泣かされたんですが。
今回は三津五郎丈の又平、時蔵丈のおとくでした。
そしてまたもや泣かされました。ちょっと悔しい。
月初に幕見で見た時より、又平の吃りっぽさが増量してた気がするので、きっと公演期間中にめきめき上達したんでしょうね。
あと、最後の引っ込みがナシだったのがちょっと驚きでした。

保名 / 藤娘
菊之助丈の保名ですが、私はこの舞踊を観るのが初めてでした。
それなのに。
許嫁の死によって狂ってしまった安倍保名を熱演していた菊之助丈でなく、清元延寿太夫の色黒っぷりに目を奪われてしまいましたよ。肝臓でも悪いんですかね。

海老蔵丈の藤娘は、観ていて自分が男のような気がしましたよ。
だって、海老サマったら可愛いんだもん。
笠のヒモを噛んでる姿を見ては、「そのヒモになりたい…」(←変態)と思ってしまうし、人差し指で突つく真似などされて勝手に悶絶したりしましたよ。
客席への挨拶の時に、袖で顔を隠してから、隙間を作って袖の間から顔を覗かせる仕草も、寝転んで上目遣いする姿も、俺が男だったらなぁ…と思ってしまうほどの可愛さでした。
当然、頭のどこかでは「この人は男! 実際は坊主頭だし、顔の輪郭も男っぽいし…」とは思ってるんですけどね。そこいらの女が同じ格好しても適わないと思うわ。

黒手組曲輪達引
助六のパロディということですし、助六を演じるのが菊五郎丈ですし、さぞ無茶をしてくれることだろうとは思っていましたが。
まさか歌舞伎の舞台で「ツァラトゥストラかく語りき」(ボブ・サップの入場曲って言えばわかるかしら?)が流れてくるとは思いませんでしたよ。
挙げ句、黒御簾からは仲間由紀恵の「恋のダウンロード」(三味線ヴァージョン)が…。笑い過ぎて涙が出そうでしたよ。
さて。
お芝居は面白かったんですが、紀伊国屋文左衛門を演じる梅玉丈の声の小ささが気になりました。いつもあんな感じでしたっけ?
今度は是非、新左衛門を弥十郎丈で上演して下さい>松竹さん

という感じだったんですが。
私は、海老蔵丈の藤娘だけでも満喫でした。
この舞踊も私は初めて観たんですが。
林マリコも日舞の発表会でやったらしいけど、完全に犯罪だなと思いましたよ。ご本人は美人になったつもりでしょうけど。
この種類の可愛さが出せる人とは到底思えませんわ。
などと、女性ホルモンの働きが悪い私に言われる筋合いはないでしょうけどね。

女をやめようかと思うほど(歌舞伎を観に行く度に思ってるけど…)海老サマが可愛かったので、明日にでも酵素風呂に行って肌を磨いてきたいと思いますです。
[PR]
by boozer_from_hell | 2006-05-26 21:24 | 歌舞伎