独り言をぶちぶちと…。


by boozer_from_hell
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

川に落ちた犬は棒で叩け?

朝青龍の主治医が衝撃発言!「現役に戻るの難しい」

長く住んでいるとはいえ、異国の地で、この嫌われよう。
そりゃ精神も病むよなぁ。
あまりに容赦がないので、バッシングしているのが実は半島人なんじゃないかという気がしてきました。

朝鮮のことわざ

私は、朝青龍好きなんで、何とか謹慎を乗り越えて復帰してもらいたいと思ってます。
憎たらしいくらい強い横綱がいた方が、見てて楽しいじゃないですか。
それに、どう見ても千代の富士ファンなあの動きが好きなんですよねぇ。
あとは、細○数○と縁を切ってくれたら、言う事ないです(笑)。

とりあえず、モンゴルに帰国できないなら、代わりにご両親に来日して貰うようにしたらどうですかねぇ?


朝青龍が夏巡業の休場届を提出しながら、母国モンゴルでサッカーに興じていた件で、協会が処分を発表した1日以降、同医師は連日、都内にある朝青龍の自宅を訪れ、痛めている腰や左ひじの治療を行っているが、「場所中のような肌の輝きはない。(体が)しょぼんとしている」と肉体面の衰えも指摘した。

 現在、横綱は睡眠導入剤を服用。通常6時間程度は睡眠がとれるはずが、「2、3時間で目が覚めてしまう」(同医師)。朝から部屋のソファに横になって、音声が入っていないテレビをただ見つめ、部屋をウロウロ動き回る行動もとっているという。

 「もう1回(相撲を)やってみたい」と現役続行へ意欲をみせる一方で、「何でこんなにいじめられないといけないのか」と周囲への不信感も示したという。この状態が長く続けば、医師として「現役に戻ることは難しい」と診断するほど。

 九州場所千秋楽の11月25日まで謹慎処分を受け、“軟禁生活”を強いられることになり、高砂親方は平石医師に専門の精神科医を紹介してほしいと依頼。心配される「暴発」を抑える、メンタルケアを最優先させる方針だ。“心の病”との戦いが、深刻化する。

[PR]
by boozer_from_hell | 2007-08-04 23:29 | スポーツ