独り言をぶちぶちと…。


by boozer_from_hell
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:しょーもない日常( 29 )

今の勤め先、気持ちとしてはもういつ辞めてもいいような気分です。
何が納得いかないって、雑用の掃き溜めみたいになってきてるところ。
他の女子がそれなりに忙しそうなら納得もいくけど、どう見ても暇そう。

上司が頑に「パソコンやりたくない」と言い張るせいで、メールはいちいち印刷して手渡し。
返事は上司が別の紙に書いて私のところへ。
それを打って送信したらまた印刷して手渡し。
大変環境に厳しいですね。

英語の仕事は全部私に回ってきます。
同僚のひとりなんか、英語でかかって来た電話は無言で保留にして回して来るし。
Just a momentも言えんのか!
っていうか、何でアンタラが学生時代に真面目に英語やって来なかったツケが、
努力を惜しまなかった私に回って来るんだよ…


ということで、中学生レベルの英語メールもいちいち翻訳依頼が回ってきます。
もうね。馬鹿かと阿呆かと。
Excite先生にでも頼めっつーの。私の仕事は営業事務だっつーの。

それを悪いと思ってのことか、上司がよく飲みに誘ってくるのですが。
就業時間外にオッサンとサシで飲むのが埋め合わせになるとでも思ってんのかー!!
酒は仲がいい人と飲むからウマイんじゃ! メシもまた然り。
就業時間外にまでアンタに気を使えってか。
だが断る。

とりあえず、来年には辞職できるように画策中。
あんまり長く同じところにいると、淀んできている感じがして駄目ですね。
リフレッシュするぞ。
[PR]
by boozer_from_hell | 2007-09-14 23:53 | しょーもない日常

ちょwww矢口真里wwwww

ねらー風にタイトル書いてみました。

今、矢口真里が志の輔さんのラジオ番組に出てるんですが…
好きな海外ドラマの話をしていて…

「『デスペラードな妻たち』が面白い」

と言ってました。……アレ?

デスペラード?




………


「デスパレートな妻たち」だよね…?

最後には、知らずに志の輔さんが「ほぉ〜『デスペラードな妻たち』ねぇ〜」と納得してました。
好きなのにタイトル間違えるって……天然ですかね?
[PR]
by boozer_from_hell | 2007-06-23 07:31 | しょーもない日常
猫に癒されるつもりで実家に帰ったんですが、自宅に戻る道すがら半泣きでした。

父親がねぇ。
もう私はここ数年、まともに口をきいてないんですが。
猫が襖で爪研ぎしてるところに横から蹴り入れようとしたんですよ。猫は間一髪で逃げましたけど…
あまりのショックで身体が震えると同時に、
こんな人間の血が私にも流れているという事実がおぞましくて。
実際に猫が蹴られてたら、私は躊躇せず奴を殴ってたと思います。
元々、生物学上の父親としか思ってなかったし、これ以上見損なうことはないと思ってたんですが、
もう、クソ野郎と言ってはクソに申し訳がない、と思うくらいに見下げ果てました。

幸い、両親はだいぶ前から離婚寸前なので、
猫の幸せな老後の為にも、母親を全力でサポートしようと思ってます。
[PR]
by boozer_from_hell | 2007-06-18 01:37 | しょーもない日常

春ですしねぇ…

ということで、昨年夏の片恋が既に思い出になりつつあります。
その彼とは今でも時々メールとか海外のSNSでやりとりしたりしてるんですけど、
で、彼に恋人がいないこともハッキリしているんですけど、
やっぱり身近にいないし、滅多に接触がないと気持ちがどんどん薄まって行く感じだったですねー。

んで、春のせいですかねぇ、今、新たにちょっと気になってる男子がいるんですけど…
相手が、小学校がカブらないくらい歳下なんですよ!!
そう、前回の記事で私を散々誉めさせられた子ですよ!
小学校カブらない人が社会人になってるっていう事実がショッキングですけど…
もう、とてつもなく前向きで上昇志向で、話をしてるだけでこっちも引っ張られて「頑張ろう!」って思えるようなくらい、無駄なまでにパワフルな子なんですよ。
相手がシングルであることと同時に、好きな子が既にいることも知ってるから、
山火事のように感情が燃え広がる事はないと思う…んだけど…
近々会う約束を取りつけただけで、ちょっと舞い上がり気味。
前々からちょこちょこ行きつけの飲み屋で出くわして話したりはしてたんだけど、
ここ最近、急に接触頻度が上がってるですよー。
相手は歳上好きを公言してるので、ひょっとしたらひょっとするか?

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

突発コーナー、今日の一日一善。
職場の女の子が、GWに近場でいいからひとりで海外に行きたいと言い出す。
「k国あたりなら行けるよねー?」
と言うので、思わず
「女の子ひとりでk国は危ないんじゃないの?」
とツッコミを入れ、k国の性犯罪率がどれだけ日本とは比較にならないレベルかを説明。
彼女はすっかり恐れをなしてk国に行く気をなくしました。勝利!
「じゃあ台湾にしようかなー」
台湾いいよ、是非行って!!と猛プッシュしました。
あー、いい事をした後は気分爽快だわ〜♪
[PR]
by boozer_from_hell | 2007-04-06 23:42 | しょーもない日常

近況

あぁ、随分放ったらかしにしてしまいましたねー。
しょーもない近況ですが、読んで行ってもらったら光栄です。

最近は、土曜の昼にラジオを聴く習慣が出来ました。
立川志の輔さんがやってる文化放送の「志の輔ラジオ 土曜がいい」という番組です。
2時間番組で、毎回20分程度落語が聴けるコーナーがあるわけですが。
志の輔さんの落語はたまーにで、過去の名人の落語が多いです。
ラジオで落語、当初は集中して聴けなかったんですよ、視覚からの情報がないと心もとなくて。
何か、噺家さんが黙ってる時にお客さんが爆笑してたりするんだもの。
つい手近な雑誌とかカタログの活字に目が行っちゃって聞き逃したりとか。
それが、ここ最近は噺家さんの様子を想像しながら聴けるようになりまして。
よくよく考えたら、テレビがない時代の人で、身近に演芸場もないような人はこうして落語を楽しんでいたんだよなぁ、と思ったりして。
しかし、なかなか噺と題名を合わせて覚えられない自分の脳みそにはガッカリです。

あと、来月念願だった鳥肌中将の講演会に行ってきます。
ひとりで。
何となく、友達を誘ったりしたら、色々誤解されそうな気がして臆してしまったのでした。

来週、私が知る限り一番の親日家であるオーストラリア人のお爺さんと会います。
もう70代で、膝が悪いので、今回が最後の来日になると聞いています。
と言っても、もう20回以上来てるわけですが。
最後とか言うなよ、切ないじゃないか、と思ったりもしますが、
あまり無理もして欲しくないし。
今度は私たちが彼を訪ねて行く番になったんだな、と思っています。
とにかく長生きしてもらいたいなぁ、私は祖父をとっくの昔に二人とも亡くしてるもんでね。
[PR]
by boozer_from_hell | 2007-03-19 00:44 | しょーもない日常
ということで、行ってきました、怪しい自己啓発セミナーの説明会。
結論から言うと、やっぱり自分の耳目で確かめても、ヤバかった。

最初は大会議室で、アレは多分100人くらいいたなぁ、で、会場の前の方で予備校講師みたいな人が話をするのを延々聞かされました。
何が異常って、別に面白い話でもないのに会場が爆笑の渦なんだよ。
それから、セミナーを受けた人が
「私はこんな嫌な人間でしたが、セミナーを受ける事によってこれだけ変わりました。
今は幸せで周りの人をひとり残らず愛せるようになりました」

みたいな体験談を代わる代わる話すコーナーがあり。
ここで「セミナーで得られた事を発表してくれる人!」と呼びかけがあると、
私の友達を含め、セミナー修了者はほぼ全員じゃなかろうかと思うくらいの人数が勢い良く手を挙げる光景にも唖然。

その後、セミナー修了者が連れてきたゲストがふたつの小会議室に分けられて、
(しかも、友達がいるグループのリーダーという人物が必ず隣に座る)
セミナーの説明を延々と聞かされました。
(この間、セミナー修了者は大会議室に残って別の事をしていた模様)
ここでは講師?が女性に代わりました。
が、話は相変わらずつまらなくて、私は途中何度もウトウトしてたんですが、
セミナーの関係者と思われる人は、ここでも爆笑の渦。
ここでもまた、セミナー修了者の体験談を聞かされ、
その後、グループのリーダーという人物にひたすら勧誘されるわけです。

私は、残業してから行ったから晩ごはんもまだ食べてなかったし、
前日の夜中に友達(今回誘ってきた子)から長電話攻撃を受けたので眠気も最高潮で、
挙げ句に風邪気味でノドが痛くて喋るのもツライのに、
「セミナーを受けたくないと思う理由」をしつこく聞かれて気分が悪くなり
(逆ギレ気味に「 わ か り ま せ ん 。」と答えた)
「じゃあ、どんな事だったら興味があります?」などという質問をされた時点で
頭の中で何かがプツっと切れて
「私、仕事帰りで疲れてるし風邪もひいてるし、今話すのもツライんですよ。
何で今日知り合ったばかりの人に、
私の興味の話をしなきゃいけないんですかね。もう帰ります。」
と席を立って、別室にいる友達も置いて帰ってきました。

友達には、先に帰った事の謝罪と、やんわりと「二度と誘うな」という言葉を
メールで送りました。
そしたらケータイの留守電に
「別に無理に勧める気はないよ。私はboozer(私の名)のことが大好きです。
これからもよろしく〜」
というような趣旨のメッセージが。
もう、本気でガックシ来た。ので、帰路歩きながら泣いた。
悲しさと口惜しさが湧き上がってきて。

私に出来る事は、
彼女がたくさん友達を失って家族にも疎まれて、
最悪、精神を病んだりしても、
目が覚めた時にまた友達として支えてあげることくらいだと思った。
やりきれない気持ちで、今夜も寝付けない予感。
[PR]
by boozer_from_hell | 2006-12-19 23:27 | しょーもない日常
昨日、10年来の親友のひとりから電話がありました。
彼女はとても忙しい子なので、最近は数ヶ月に一度連絡を取るくらいだったんですが。
明日仕事が終わってから会えないかという話でした。
急なことが気になったし、師走で忙しいし、と思ったけど、
まぁ親友だし久々に会いたいし、時間を作るか、と思ってOKしたんですよ。

そしたらさー。


自己啓発セミナーのお誘いでした。


それがまた、受講料が10万円以上するようなヤツで。
まぁ明日の私は、彼女がいかに変わったかを検分する役目なので、いきなり金を取られることはないようなんですが。

セミナーの名前も聞いたので、今ググってきたら、やっぱりカルト系だったようで。
昨日も電話口でいきなり泣き出すんだよ。感情が高ぶっちゃって。
んで、どっからそんなセミナーのことを? と思ったら、彼氏経由だったようで。
家族にも勧めたりしてる模様。
元々、彼女の家って某学会だったしなぁ(今は家族全員が脱会?してる)。
それは関係ないかもしれないけど(でも信じやすい下地はある気がする)。
何だか物凄くショックでした。
彼女の事、しっかりした子だって思ってたから。
まぁ、こんなショックは序の口で、明日には更なるショックを受ける羽目になるのは確実だよな。

私が飲み込まれる事はないと思うので(カルトだってことは予め知ってるし)、その点は心配してないんだけど。
彼女のことが気になって仕方がないよ。
私がセミナーを受けないことで、彼女が私を嫌いになるなら、そもそもそれだけの仲だったと思うしかないかなー。

年の瀬にこんな恐ろしいサプライズが待っているとはね…。
長生きはしてみるもんだね。


待て次号。
[PR]
by boozer_from_hell | 2006-12-19 01:38 | しょーもない日常

待たされ女

ということで、バカンス先から帰国した片恋の相手からメールが来ましたよ。
あまりに返事が来ないので、何かまずいこと書いちゃったかなぁ、と送信済みのメールを何度も読み直していたんですが。
単に新しい仕事が始まって忙しかったみたい。
あと、家でネットが出来ないらしい。
のわー! 異国間片思いに最大の障害ですよ。

しかし。
向こうはその障害をどうにかしようとは思ってない、ということを考慮に入れると、
彼に私のことを違う風に見てもらうのはかなり難しそうだなぁ、と気弱になっています。
まぁいいや。
何とかなる時はなるし、ならない時はならない、ってだけのことだ。
焦ってひとりで色々考えて自滅するのが似合う歳でもないし、
この片恋には気長に取り組もうと思います。

なんて、悟ったようなことを書いているものの、
返信1通程度を待たされることに苛立って、夜中にのたうち回ったりしてしまうんだけどね。
仕方ねぇや、片恋はすべからくカッコ悪いもんだ。
[PR]
by boozer_from_hell | 2006-09-19 20:54 | しょーもない日常

受信

片恋の相手からメールが来ました。
次の仕事が始まるまで時間があるので、今はヴァカンスに行っているそうで。
よっぽど楽しんでいるのか、急いで書いた感じの5行くらいのメールでした。

で、よく一緒に飲んでた子達に「○○(彼の名前)からメール来てた?」と聞いてみたら、誰も貰ってないと言うじゃないですか!
えっ、私だけ特別? とも一瞬思ったんですが、私以外の子は彼が出国した後メール送ってなかったそうなので、まぁ当然っちゃ当然だなぁと納得しました。

彼には長過ぎない程度に返事を出しました。
みんなで飲んだ時の写真を添付して。


彼が夢に出て来ました。声だけだったけど、アクセントとか話し方ですぐにわかりました。
次に会う時までの間に、ほんの僅かでも老けたくないと思いました。
髪を切って、睫毛にパーマをかけて、酵素風呂に入って、運動もして…。
努力を続けるのは大変だけど、次に会う時に胸を張っていたいので頑張ろうと思います。
[PR]
by boozer_from_hell | 2006-08-11 00:00 | しょーもない日常
ということで、片恋の相手はついに日本を出国してしまいました。
最後の晩には、また大勢で酒を酌み交わして、結局飛行機の出発時刻の9時間前くらいまで一緒でした。

なんか、お別れだからとかいって全員にカードを書いて来てくれてたんだけど、「まぁ忙しかったみたいだし、全員に似たようなこと書いてるんだろうなー」と思ってたら。
全員違うことが、しかもそれぞれとの思い出がちゃんと書かれてて、何ていい子なの!!と思ってしまいました。
私のには「W杯一緒に観戦してくれてありがとう」とか書いてありました。
彼と過ごすのが楽しかったから一緒に観戦したのに。
「ありがとう」はわたしのせりふだよ、と言ってやりました。

日本で彼と最後にハグをしたのは私でした。
また来週にでも会うかのような感じで笑って「またね!」って別れられて良かったです。

帰り道、iPodからashの"Lost in you"という曲が流れて来て、あんまり自分の気分にピッタリな歌詞だったのであやうく路上でいきなり泣き崩れそうになりました。
著作権とかあるだろうから、おおまかに説明すると「異国の空の下にいて、君と話したいと思うけど、電話をしたくても向こうは深夜だからできない。でも今ぼくは死ぬほど君と話したいんだ」といったような内容の歌詞です。
路上では何とか耐えましたけど、帰宅してからは抑えきれなくて号泣でした。

当分は、メールでやり取りするくらいしか通信手段がないのが残念だけど。
でも多分きっとまた会える。会おうと思ってれば。
それを心の支えに頑張るぜ。
[PR]
by boozer_from_hell | 2006-07-31 00:11 | しょーもない日常