独り言をぶちぶちと…。


by boozer_from_hell
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

まだ言うか。

<子猫殺し告白>坂東さんを告発の動き…タヒチの管轄政府

またこの人の話題です。
アテンションシーカーな感じがするので、この件にコメントするのは思うツボかしらね。
しかし、この女にも更なる言い分があるわけだし、一応言及しておくことにします。

私は人が苦手だ。人を前にすると緊張する。人を愛するのが難しい。だから猫を飼っている。そうして人に向かうべき愛情を猫に注ぎ、わずかばかりの愛情世界をなんとか保持している。飼い猫がいるからこそ、自分の中にある「愛情の泉」を枯渇させずに済んでいる。だから私が猫を飼うのは、まったく自分勝手な傲慢(ごうまん)さからだ。

 さらに、私は猫を通して自分を見ている。猫を愛撫(あいぶ)するのは、自分を愛撫すること。だから生まれたばかりの子猫を殺す時、私は自分も殺している。それはつらくてたまらない。

 しかし、子猫を殺さないとすぐに成長して、また子猫を産む。家は猫だらけとなり、えさに困り、近所の台所も荒らす。でも、私は子猫全部を育てることもできない。

 「だったらなぜ避妊手術を施さないのだ」と言うだろう。現代社会でトラブルなく生き物を飼うには、避妊手術が必要だという考え方は、もっともだと思う。

 しかし、私にはできない。陰のうと子宮は、新たな命を生みだす源だ。それを断つことは、その生き物の持つ生命力、生きる意欲を断つことにもつながる。もし私が、他人から不妊手術をされたらどうだろう。経済力や能力に欠如しているからと言われ、納得するかもしれない。それでも、魂の底で「私は絶対に嫌だ」と絶叫するだろう。

 もうひとつ、避妊手術には、高等な生物が、下等な生物の性を管理するという考え方がある。ナチスドイツは「同性愛者は劣っている」とみなして断種手術を行った。日本でもかつてハンセン病患者がその対象だった。

 他者による断種、不妊手術の強制を当然とみなす態度は、人による人への断種、不妊手術へと通じる。ペットに避妊手術を施して「これこそ正義」と、晴れ晴れした顔をしている人に私は疑問を呈する。

 エッセーは、タヒチでも誤解されて伝わっている。ポリネシア政府が告発する姿勢を見せているが、虐待にあたるか精査してほしい。事実関係を知らないままの告発なら、言論弾圧になる。


何なんだ、本当に。狂ってるようにしか見えないわ。
特に最後の一文。被害妄想?
誰もこの女の「言論」を弾圧したいなんて思ってない。
ただ罪もない仔猫が惨殺されるのを黙って見過ごすのが耐えられないだけ。
しかも事実関係を知らないと告発できないとでも思ってるのか?
事実関係をハッキリさせるために告発するのに決まってるだろ。

子宮や陰嚢を取り除くことが「生命力、生きる意欲を断つことにつながる」?
じゃあ説明してくれ。
人間の中には身体と心の性が別で自ら進んで手術を受ける人が少なからずいます。
その人たちが生命力や生きる意欲に欠けているとでも?
宦官やカストラートは?
彼らが好きで手術を受けたとは思えないですけど。
明の時代の鄭和なんて、宦官で、アフリカにまで大航海したと言われてるんですよ。
下手に生殖のことばっかり考えてる奴より、鄭和は生命を満喫したと思うんですが。

大体、ナチスの同性愛者への扱いをどうこう言ってるけど、この女はナチスより正しいつもりか?
現代の人間が当たり前のように享受してる医療だって、ナチスが残虐な実験をした結果得られたものだったりするじゃないか。
それに引き換え、この女が仔猫を殺してまで世間に提供できてるのはこんな駄文じゃないか。
それに、この女が仔猫を殺せるのは、猫が自分より下等な生物だと思ってるからじゃないの?
本当に猫を心から愛しているんだったら、自分が食いっぱぐれてでも産まれた仔猫の面倒を見るはず。

ポリネシア政府が、この女の残忍な行為を止めてくれることを、心から願います。
[PR]
# by boozer_from_hell | 2006-09-22 20:17 | 政治・ニュース

待たされ女

ということで、バカンス先から帰国した片恋の相手からメールが来ましたよ。
あまりに返事が来ないので、何かまずいこと書いちゃったかなぁ、と送信済みのメールを何度も読み直していたんですが。
単に新しい仕事が始まって忙しかったみたい。
あと、家でネットが出来ないらしい。
のわー! 異国間片思いに最大の障害ですよ。

しかし。
向こうはその障害をどうにかしようとは思ってない、ということを考慮に入れると、
彼に私のことを違う風に見てもらうのはかなり難しそうだなぁ、と気弱になっています。
まぁいいや。
何とかなる時はなるし、ならない時はならない、ってだけのことだ。
焦ってひとりで色々考えて自滅するのが似合う歳でもないし、
この片恋には気長に取り組もうと思います。

なんて、悟ったようなことを書いているものの、
返信1通程度を待たされることに苛立って、夜中にのたうち回ったりしてしまうんだけどね。
仕方ねぇや、片恋はすべからくカッコ悪いもんだ。
[PR]
# by boozer_from_hell | 2006-09-19 20:54 | しょーもない日常
薄情なタクシーのせいで路上で出産するはめに……

日本も随分、妊産婦や乳幼児に厳しいと思ってたんですが、下には下がいるもんですね。
それにしても、車の中で出産されたら悪運に取り憑かれる、って一体なに?
この運転手は、自分の嫁が産気づいても車から叩き出すのか?
どれだけ考えても、子供が生まれるっていうことと、運が悪くなるということがどうしても繋がりませんよ。
生まれる前から貧乏神みたいな扱いって、この赤ちゃんの立場は!?

ワンさんとだけ明らかになっている女性と夫は、当初、タクシーで病院に向かっていた。

ところが、ワンさんが産気づき、うめき始めると、信号で運転手が車を止め「俺の車の中で産まないでくれ。今年一杯、悪運に取り憑かれちまう!」と叫んで2人を引きずり出したという。

ワンさんは灼熱の太陽の下、道路脇にうずくまり、夫は必死に別のタクシーを捕まえようとした。11台のタクシーが前を通ったが1台も停まらなかった。

周囲に人が集まり始め、1人が救急車を呼んだが、やってきたのは2時間後。ワンさんはすでに出産を終えていた。


来世、中国人女性に生まれないように全力で祈るぜ。
[PR]
# by boozer_from_hell | 2006-09-18 16:26 | 政治・ニュース

Mark Heap

英国コメディ愛好家として、日々精進しております。
日々、は、ちょっと大袈裟としても、一般の日本人としては英国コメディにお金かけ過ぎです。
DVDは輸入する、ポッドキャスト(英国式に発音するならポッドカーストですな)はダウンロードする、といったありさまです。

何が助かるって、精神的に落ち込んでるときに、テキトーにDVDを観たら元気になれるってところですよ。
やっぱり英国のコメディが一番面白いや。
こう言うとスノビッシュだとか英語自慢とか思われるのかもしれないけど、結局は好みの問題なのでしょう。

そんな私が度肝を抜かれた件。
Spaced(『ショーン・オブ・ザ・デッド』のサイモン・ペグが主演&脚本をやったSitcom)の、主人公の下の階に住むブライアン。
b0011589_23561668.jpg

Look Around You 2で騒音撃退スプレーを開発したLeonard Hatred。
b0011589_23552454.jpg

全然違う感じの人物なのですが、クレジットで同一人物と判明。
すげーこの人! 役者としてすげー! とひとりで興奮。
その名もMark Heap。
今後、ちょっと気にしてみようかと思っています。
[PR]
# by boozer_from_hell | 2006-09-13 23:58 | 映画&テレビ

日経クオリティ…

<子猫殺し>直木賞作家・坂東さんがエッセーで告白 Excite エキサイト : 社会ニュース

この坂東って人、私はこれまで名前を見たことがあるだけで作品は読んだことがありません。
まぁ、仔猫に危害を加えた挙げ句にそれをわざわざ全国に披露するような人がどんな作品を書くかなんて、全く興味も持てないので、読むことはないと思います。
露悪的な人だとしても、あまりにも悪趣味だよなぁ…。

坂東さんが日経新聞18日付夕刊15面の「プロムナード」に寄稿した「子猫殺し」。「こんなことを書いたら、どんなに糾弾されるかわかっている。(中略)承知で打ち明けるが、私は子猫を殺している」と書き出し、飼っている雌の猫3匹には避妊手術をせず、子猫が生まれると自宅隣のがけ下に放り投げていることを明らかにした。

 野良猫対策としての避妊手術は認めているが、「人は他の生き物に対して、避妊手術を行う権利などない。生まれた子を殺す権利もない」との論を展開。「自分の育ててきた猫の『生』の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した。もちろん、殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである」と結んだ。


一応、日経新聞に載ったという文章を端から端まで読んできました。
飼い主がペットに避妊手術をする権利はあるのか、という話だけならこんなに大きく報道されることもなかったんだろうと思います。
とりあえず、読んでて気持ちが悪かったのが、あたかも猫が交尾を楽しみに生きてるみたいな書き方。
だって、主語が猫なのに「交尾」じゃなくて「セックス」だよ?
「みんながお前と同じ価値観だと思うなよ」と思ってしまったのは私だけ?

とりあえず、料理研究家?のケンタロウ氏の文章を引用させておくれ。
(出典:Home And Room vol.2、発行:文化出版局)

だって、井の頭公園で生きながらにして虫にたかられて短い短い一生を終えるはずだったのが、その後、実に12年間も、窓辺で心ゆくまで日光浴をしてくつろぎ、(中略)大好きなドライのキャットフードをたくさん食べて、それはそれは猫のカガミのような生活を送って、病院で最後に目を開けてみんなにひと言「サンキュー」と言って死ねたのだから。ウメ(引用者註:小林カツ代氏の事務所の猫)はさぞ幸せだったと思う。公園でのたれ死ぬのとは比べものにならない。みんなに囲まれての最期も、のたれ死にも、結果は同じだけれど、それまでの内容はまったく違う。
飼いさえすれば、残りの時間は、たとえそれがほんの短い間だったとしても、幸せに過ごさせてあげられるかもしれない。
だから、悲しい別れが待っていても、それが想像を超えるほど果てしなくつらいことでも、やっぱり猫を拾うのです。


あぁ、駄目だ、引用しながらも既に泣きそう。
実家で猫飼ってるんですけどね。
決して家から外には出さないようにしているので、死ぬ時は病気か老衰だろうなぁ。
もう、彼が最期を迎える時のことを想像するだけでも、涙が出るし、胸が張り裂けそうになるんです。
彼が幸せかどうかなんて、疑ったこともないや。
家から一歩も出なくても、幼少期に去勢されて発情期すら経験してなくても。
ひなたで毛づくろいして、座り心地のいい椅子を独占して、大人になってもウェットフードを食べて、人間の暖めた布団に潜り込んで、いっぱい楽しい遊びをして。
繁殖行為なんて、なくたって充実した一生を送れる。
それは人間だって同じことですよね?

バロウズによると、古代エジプト人は飼い猫が死ぬと、まゆげをそり落として喪に服したそうです。
この坂東って女には、そんな気持ちすらわからないんだろうな。
仔猫を虐殺できるくらいだから。

仔猫達の冥福を、そして、坂東が今後同じことをしないことを祈って。
[PR]
# by boozer_from_hell | 2006-08-24 21:42 | 政治・ニュース
CD屋で散財してきました。
ダブルスタンプデーだったのです。
というか、あの店、毎週ダブルスタンプデーやってる気がする。
御陰で、物凄いスピードでスタンプカードが埋まって行くわけですよ。

そんなわけで、今回は貯まったスタンプで1,000円オフ!

今回の収穫はエドウィン・モーゼスというスペインのバンドの3rdアルバム。
多分、今更知ったなんて遅いと思う人もいるんでしょうけど、私は初耳でした。
「70年代の無名に終わったソウルミュージシャン、エドウィン・モーゼスの再発盤」というコンセプトで活動しているバンドで、エドウィン・モーゼス自体は架空の人物なんだそうです。
内ジャケには、モーゼスの伝記とおぼしき文章がびっしり。
こういうの好きだなー、馬鹿馬鹿しいと思いながらも。

コンセプト・バンドということの面白さもありますが、音楽自体もまたカッコイイです。
ヴォーカルのパブロ・エレアの声が、個人的に凄く好き。軟弱げなところが。
ソウルミュージックのキラキラ感もたまりません。
1stと2ndも探してしまいそう。
[PR]
# by boozer_from_hell | 2006-08-19 23:35 | 音楽

受信

片恋の相手からメールが来ました。
次の仕事が始まるまで時間があるので、今はヴァカンスに行っているそうで。
よっぽど楽しんでいるのか、急いで書いた感じの5行くらいのメールでした。

で、よく一緒に飲んでた子達に「○○(彼の名前)からメール来てた?」と聞いてみたら、誰も貰ってないと言うじゃないですか!
えっ、私だけ特別? とも一瞬思ったんですが、私以外の子は彼が出国した後メール送ってなかったそうなので、まぁ当然っちゃ当然だなぁと納得しました。

彼には長過ぎない程度に返事を出しました。
みんなで飲んだ時の写真を添付して。


彼が夢に出て来ました。声だけだったけど、アクセントとか話し方ですぐにわかりました。
次に会う時までの間に、ほんの僅かでも老けたくないと思いました。
髪を切って、睫毛にパーマをかけて、酵素風呂に入って、運動もして…。
努力を続けるのは大変だけど、次に会う時に胸を張っていたいので頑張ろうと思います。
[PR]
# by boozer_from_hell | 2006-08-11 00:00 | しょーもない日常
ということで、片恋の相手はついに日本を出国してしまいました。
最後の晩には、また大勢で酒を酌み交わして、結局飛行機の出発時刻の9時間前くらいまで一緒でした。

なんか、お別れだからとかいって全員にカードを書いて来てくれてたんだけど、「まぁ忙しかったみたいだし、全員に似たようなこと書いてるんだろうなー」と思ってたら。
全員違うことが、しかもそれぞれとの思い出がちゃんと書かれてて、何ていい子なの!!と思ってしまいました。
私のには「W杯一緒に観戦してくれてありがとう」とか書いてありました。
彼と過ごすのが楽しかったから一緒に観戦したのに。
「ありがとう」はわたしのせりふだよ、と言ってやりました。

日本で彼と最後にハグをしたのは私でした。
また来週にでも会うかのような感じで笑って「またね!」って別れられて良かったです。

帰り道、iPodからashの"Lost in you"という曲が流れて来て、あんまり自分の気分にピッタリな歌詞だったのであやうく路上でいきなり泣き崩れそうになりました。
著作権とかあるだろうから、おおまかに説明すると「異国の空の下にいて、君と話したいと思うけど、電話をしたくても向こうは深夜だからできない。でも今ぼくは死ぬほど君と話したいんだ」といったような内容の歌詞です。
路上では何とか耐えましたけど、帰宅してからは抑えきれなくて号泣でした。

当分は、メールでやり取りするくらいしか通信手段がないのが残念だけど。
でも多分きっとまた会える。会おうと思ってれば。
それを心の支えに頑張るぜ。
[PR]
# by boozer_from_hell | 2006-07-31 00:11 | しょーもない日常

iPod

Appleストアで特価品のiPodを注文しちゃったです。

来週2回目のアートメイクで金かかるっつーのに阿呆かと自分でも思うですけど、何か諸事情(?)により、いてもたってもいられなくなって。
一応、特価品だし定価より5,000円以上安く手に入るし、良かったと思おう、と自分に言い聞かせてます。

ちなみに色は黒。汚すに決まってるうえみんなが持ってる白なんて眼中にございません。
えぇ、20代も黄昏なのに中2病のアマノジャクでございますよ。


さて。明日の夜は夜遊びです。わーい!
片恋の相手も含めて大勢で。
アートメイク後、初対面なわけですが。
職場でのノーリアクションっぷりからすると、「今日は化粧ガッチリだなー」と思われて終わりという可能性が高いかと思われます。
まぁいい。明日のプリプリ肌のために、今日は亀ゼリーでも食そう。


最近、自分に言い聞かせている言葉。
The good life doesn't knock on the door. Joy is a job.
下手な訳だけど、「幸せな生活は降ってこない。よろこびには手間がかかるのだ。」って感じ。
怠け癖が一向に抜けない自分への警告として、ここにも書き留めておきます。
[PR]
# by boozer_from_hell | 2006-07-20 20:00 | 音楽

有言実行

やっちゃったよ〜。言った通りに。
ということで、アートメイクやってきました! アイライン上下。

目元に入れ墨と思うとちょっと怖いなぁと躊躇したりもしてたんですが。
片恋の相手がじきに離日することを考えて、覚悟決めて行ってきました。

やったことない人の方が多いことを前提に、私の体験を書かせてもらいますね。

まず、希望のラインを伝えて、実際にアイライナーで描いて貰って確認。
目の周りを消毒したあと、痛み止めのクリームを塗ってもらって、効くまで放置。2種類クリーム塗って、多分合計25分くらい。
それから目を閉じた状態で、実際にラインを入れてもらいます。
ぶいーん、という機械音にちょっとドキドキしちゃいました。
耐えられないほどではないですが、睫毛を抜かれてるような痛みはあります。
途中で1回手鏡でラインを確認した後、微調整。
終わったら、速攻アイマスクで冷却。

という手順でした。
私は結構、上下とも目頭に近いところまで入れてもらいました。
なんか、インド人女優風になりたくて。なんなかったけど、顔の構造上の問題で(笑)。

それでですね、これからアートメイクでアイラインを入れようという人に忠告をするとしたら。
とりあえず、瞼の腫れが引くのにかかる時間を最低でも24時間は見ておいた方がいいですよ。
私は、土曜昼に入れて、日曜午後2時頃に目の感じが普通になりました。
それまでは、瞼が何かにかぶれたかのような超幅広二重瞼になってしまってました。
サロンのお姉さんによると、3日間はアイメイク禁止だそうです。

そんなわけで、晴れて「寝ても覚めても目元クッキリ」にはなったんですが、来週あたり2回目のラインを入れに行かねばならないのですよ。
なんか、今入ってるラインは恐らく一部がカサブタのようになって剥げ落ちちゃうんですって。
ああぁぁ、お金が〜(涙)。
でも、これで向こう3年くらいアイラインを引かずに済むと思うと、私のような面倒くさがり+不器用人間には安い買い物なのかも。
[PR]
# by boozer_from_hell | 2006-07-17 00:53 | BEAUTY